--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
07.06

[7/6] 元直しあわせ?

Category: 無双以外
 昨日の仕事帰りに、そんなに大きくもない本屋に入ってみたら、「泣き虫弱虫〜」の文庫版が置いてあったので、思わず「今だ!」と思い買ってしまいました♪
 好きな本は手元に2冊あると安心するじゃないですか(笑)

 酒見氏って「第1回・日本ファンタジーノベル大賞」の方なんですよね。
 この第1回大賞が決まったエピソードを私は知っていたので、うおお凄い方が三国志を書いて下さったんだなあ、と感動したものでした。
 ちなみに第1回「日本」ファンタジーノベル大賞を獲ったデビュー作は、「後宮小説」という中華風?小説。
 …酒見氏の凄さが、これでわかりますよね(笑) 満場一致で大賞をかっさらってったそうな。

 「泣き虫弱虫〜」も、常人ならこういう風に三国志を書かないよなあ、という見事な書きっぷり。まさに酒見節。
 そして徐庶について言えば。
 正直、彼にとって「徐庶」って別にそんなに思い入れのあるキャラではなかったんだと思う。しかし書いてみたら意外と筆が滑ってノッてきた、的なキャラなんじゃないでしょうか(笑)

 うわあ酒見さん、どうして文章だけで、大の大人である「徐庶」をこうも可愛く書けるのですか!(真顔で)
 そして、初読から数年経った今あらためて読み返してみると、徐庶の命がけの奮闘には涙が出てきますよ…。自分も仕事が辛くても頑張らなくてはなあ。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/108-964e60c2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。