--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
07.18

[7/18] パラレル三国志

Category: etc   Tags:創作×三国志
この絵は「少年」ヴァージョン。

 というか、昔、オリジナル中華風ファンタジーを創作してたことがあったのですが、それに出てくる「蓮」という青年が、おもいきり「徐庶」(の若い頃)をモデルにしてたんですよね…。
 と、「何を今更」という感じですが明言してみたり。

 モデルというか、インスパイアされたというか。
 というわけで、「蓮」は昔、「敵討ち」で人殺してお尋ね者になって…という過去を持ってます。
 誰の仇かというと、蓮の親友です。人に頼まれて…ってわけではありません。
 親友にして恋敵。
 というか、蓮は想い人を親友に取られちゃうわけなのですが(笑)、それでも2人は親友で。その親友が殺されて…という。
 で、その後の想い人とか、今度は蓮が敵討ちの仇として狙われることになったり…というお話を、ボンヤリと考えてました。オリジナル中華風ファンタジーの「サイドストーリー」として。(本編じゃないんかい)
 …イヤそのサイドストーリーがいずれ本編にも絡んでくるんですけどね。でも、あくまでも蓮はサブキャラ。

 っていうか、どうせサイドストーリーだし、そのまま「徐庶」で書いちゃっても良かったネタ…ですよね。今思えば。
 しかし当時は「徐庶」なんて恐れ多くて書けなかったですよ…。むしろ誰か書いて下さいという感じで(笑)

 そして今となっては、「蓮」というキャラが一人歩きしてしまって、どうしても若徐庶≠蓮になってしまっている。
 蓮はけっこう暗いです(笑) 静かな根暗。昔は多少明るかったかもしれませんが。
 で、私のイメージの若徐庶は、明るく快活。過去に色々あったに違いないけれど、吹っ切ってる。孔明たちの良い兄貴分って感じ。剣の腕は立つけれど、昔のように何でも武力で解決しようという乱暴者ではなく。なんかもう色々落ち着いちゃってる感じ。
 某「西暦0200の輪舞曲」に出てくる中原徐庶が、かーなりイメージ近くて嬉しかったです。うん、私の中の若徐庶はあんな感じ。脚本家さん中原さんに感謝。
 そのイメージが某孔明徐庶冒険(?)小説全5巻の影響受けてるだろという噂もありますが気にしないで下さい。

 どうでも良いですが、「徐庶」をモデルに作ったオリキャラ「蓮」を、さらにモデルにして作ったオリキャラがいるのですが、そいつがむしろ、↑で色々語った若徐庶を受け継いでるような気がします(笑) 敵討ち云々の設定はないですが…。
 そいつは最初、超脇キャラだったのに、なんだか気に入ってしまって、気が付いたらオリジナルRPGの主役に抜擢されてるし…。
 あ、今稼動中の 創作小説 にも出てきますよ。長髪で医者な例の彼です。

 という、何だかよくわからない、徐庶派生のオリキャラ語りでした。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/114-982dd6f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。