--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
05.15

[5/15] アリス君と、(1/3)

Category: 小話
 4/24記事に、アリスのラクガキを載っけて、
 「アリスは ちゃんと文章で書いて動かしてあげたいキャラです。」
 と書きましたが、やっぱり本気で、次に書きたいお話はアリスのお話です。

 以下は、昔…日付見たら2008年2月でした。に書いてた、アリスとエンリッジのお話。
 連作の第1話。読み切り?です。
 やる気を出すため、少々恥ずかしいですが もう時効ですし(?)、さらしてみます。
 とりあえず、途中まで…。

 創作ネタOKな方は、このへん にアリスやエンリッジの絵があったりします。


---

第1話

(1)

 早朝。
 目覚めたアリスはベッドの脇に立って大きく伸びをした。いつものようにその場で軽く屈伸運動をして、両腕をぐるぐる回す。明るい窓の外では、鳥たちが楽しそうにちゅんちゅんと鳴いていた。さわやかな朝だった。今日も良く晴れそうだ、とアリスは思った。
 アリスは寝巻きを脱いでいつもの外出着に着替えた。薄青色の半袖のシャツに濃紺色のズボン。少し色褪《あ》せかかったオレンジ色のバンダナをぎゅっと締める。
 よし、と気合を入れてから、アリスは朝食をとるために台所に向かった。

 *

 アリスは朝食を食べ終えると、|背負い袋《リュックサック》を担《かつ》いで外に出た。早朝の日差しはやわらかく、空気はひんやりとしていた。
 アリスは扉をそっと閉めて、鍵をかけた。隣の部屋の住人はまだぐっすりと眠っているはずだった。アリスはなるべく足音を立てないように歩いた。
 背負い袋の中には、昼食用のパンとハムと水筒が入っている。朝食も同じメニューだったけれど仕方がない。そろそろ首都に買い出しに行かなくちゃ、とアリスは思っていた。
 季節は秋。涼しくて過ごしやすい、良い季節である。木々が少しずつ赤茶や黄色に色づき始め、これからの紅葉が楽しみだった。
 そんなことを考えながら早足で歩いていたアリスは、とある門の前でぴたりと足を止めてしまった。
 門には「念動力研究所」という看板が取り付けられている。その看板の下あたりに、何か白いものが丸くなっていた。それはもそもそと動いた後、ゆっくりと起き上がって、アリスに笑顔を向けた。
「よーアリス。お前、随分早起きなんだなー」
「うっわ」
 アリスは思わず大げさなリアクションで数歩飛び退《すさ》っていた。
「エンリッジさんっ、こんなところで何してるんですか!」
 彼はアリスの隣室に住んでいる青年だった。名前はエンリッジという。今頃はてっきりぐっすり眠り込んでいるものだと思って、起こさないようにそっと出てきたというのに。
「うー。朝はだいぶ冷えこむようになってきたな。アリスお前良く半袖で平気だな」
 そう言うエンリッジは白のロングコートを羽織っていた。長い髪を後ろでひとつにくくっている。
「質問の答えになっていません」
「お前を待ち伏せてたんだよ」
「……やっぱり」
 アリスははあ、とため息をついた。
「今日も行くんだろ? 行くときは俺に声かけてけって言ってんのに、お前、いっつも一人で行っちまうからさ」
「だってエンリッジさんは、他の仕事もあって忙しいんでしょう?」
「今日は休み」
「だったら部屋でゆっくり休んで、好きなことしてのんびり――」
「んー。でもまあ、これが今、俺がやりたいことだからな」
 エンリッジは笑って言った。
「…………」
 アリスは無言ですたすたとエンリッジの脇を通り過ぎて門の外に出た。後ろからおい待てよっという声とこちらに駆けてくる足音が聞こえてくる。
「別に良いのに、ひとりだって」
 アリスは小さくつぶやいた。

 *

(中略)

 *

「あ」
 乗用陸鳥《ヴェクタ》に揺られながら平原を眺めていたアリスは声を上げた。
「どうした、アリス?」
 手綱を握るエンリッジが尋ねてくる。アリスは南の平原のある一点を見つめながら口を開いた。
「発見しました」
「え?」
 エンリッジもアリスと同じ方向に視線を向けて、首を傾げた。
「俺には何も見えないけど……目が良いんだな、お前。どっちだ?」
「あっちです」
 二人を乗せた乗用陸鳥《ヴェクタ》は街道を外れ、草原を南へ駆け出した。しばらく草の中をかき分けて進む。やがて、それはエンリッジの目にもはっきりと見えるようになってきた。
「止めて下さい」
 アリスは言って乗用陸鳥《ヴェクタ》を止めてもらい、地面に下り立った。振り返ってエンリッジを見上げて、
「じゃあ、ちょっくら行ってきます」
「……え?」
「エンリッジさんはここで待ってて下さいね」
「……おいっ」
 エンリッジが何か言いかけたときには、既にアリスは走り出していた。後方でエンリッジが何か叫んでいるのが聞こえるが、構わず一直線に駆ける。
「待てよっ」
 真後ろでエンリッジの声がして、後ろから腕を掴まれた。アリスはバランスを崩して倒れそうになり、慌てて体勢を立て直して立ち止まった。
 エンリッジも立ち止まってアリスの腕を掴んだままぜいぜいと息を切らしていた。彼はアリスに追いつくため、全力疾走で駆けてきたらしい。アリスは体力を温存しながら走っていたので、それで追いつかれてしまったのだろう。
「エンリッジさん、乗用陸鳥《ヴェクタ》は……」
 言いながらアリスは駆けてきた方向を見た。乗用陸鳥《ヴェクタ》は草原の中、その場に大人しく座ってこちらを見ている。
 エンリッジは呼吸を落ち着けてから口を開いた。
「待ってろって言っといた。ほら、大人しく待ってるだろ」
「大丈夫かな……。乗用陸鳥《ヴェクタ》やられたら帰れなくなりますよ」
「乗用陸鳥《ヴェクタ》のことは気にすんな、俺が気にして見てるから」
「……ていうか、」アリスは言葉を切ってエンリッジを見上げた。
「……ああ、」
 アリスの言いたいことを察したのか、皆まで言うなとアリスの言葉をさえぎって、エンリッジはコートのポケットをごそごそと漁《あさ》って何かを取り出した。
「これ渡そうと思って、忘れてて」
「?」
 アリスは差し出されたそれをとりあえず受け取った。直径三センチくらいの丸い、平べったい、磨《みが》かれた白い石だった。端に穴を開けて紐を通してある。
「首飾り、ですか?」
「ああ。お守り」
 エンリッジはうなずいた。
 アリスは紐の輪っかに頭をくぐらせ、それを首から提げてみた。白い石が胸の辺りで揺れる。思ったより重くはない。
「効果あるんですか?」
「もちろん。大陸統主さまだって持ってるぜ、それ」
「へえー」
 ありがとうございます、とアリスは頭を下げた。良いって、とエンリッジは笑う。
「じゃあ、今度こそ行ってきます」
 エンリッジに笑みを返して、アリスは再び駆け出した。エンリッジの『気持ち』を素直に受け取れないほど、アリスは捻《ひね》くれてはいなかった。
「そんなに急いで走るなって。疲れるだろ」
 背後からエンリッジの声と足音が聞こえてくる。足音は遠ざかる気配がない。アリスは立ち止まって振り返って、エンリッジがついてきていることを確認した。
「ええと……」
 アリスは困ったように切り出した。
「なんでついて来るんですか?」
「えー。ついてっちゃダメか?」
「ぶっちゃけますと、足手まといです」
 アリスが言い切ると、エンリッジはがっくりと肩を落とした。
「うう、傷つくなあ。確かにそうかもしんねーけどさ……」
「だって戦えないでしょう、エンリッジさん」
「そうでもねーぜ」
 エンリッジは再びコートのポケットをごそごそと漁《あさ》って何かを取り出した。小さな銀色の物体をアリスに見せる。
「……オモチャですか?」
「失っ礼なヤツだなお前ー。こう見えて、けっこう攻撃力あるんだぜ、これ」
 エンリッジは銀色の小さな『銃』を両手で構えて、前方に向けて撃つ真似をした。それは手のひらにすっぽりと収まるくらいの大きさしかなかった。
「念研最新作。小型化、軽量化に成功。……てかテスト品なんだけどな。レティに無料《タダ》でもらったんだ」
「テスト品……」
 アリスは嫌な予感がしたが、まあ、エンリッジに銃を撃たせなければ良いだけの話だ。
「援護なんて要りませんよ。僕がひとりでカタつけますから。邪魔にだけはならないで下さいね、エンリッジさん」
「かっわいくねーヤツ……」
 エンリッジは不満そうにつぶやいた。

---

 (中略)ってのは、世界観についてダラダラ書いてあったのですが、今考えてる「世界観」とちょっと違ってるので、消しておきました。
 でも当初の世界と今考えてる世界、けっこう変えちゃったなあと思いきや、数年ぶりに↑を読み返してみたら意外とそうでもなかったという。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/184-7f257298
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。