--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
06.12

[6/12] 続き(2/3)

Category: 小話
 5/15記事 のアリス話の続きです。わー1か月空きましたね。すみません…
 創作を続けるには、
 〆切つくって連載。
 これが一番ではないかと。…と、昔の創作ブログを読んでて思いました。
 そういや小説「四伝」を連載してた頃は、いかなるテンションの時でも週一更新を目標にやってましたね。

 とにかく集中力と持続力が欲しいです…


---

(2)

 草原の中、そこだけ草は生えていなかった。土の色は気味の悪い黒色だった。
 それは、遠目には枯れ木のようにも見えた。黒色の地面を突き破って、黒色の幹を真っ直ぐに伸ばし、黒色の枝を天に向けて伸ばしている。枝には緑の葉はひとつもついていなかった。
 その『樹』の高さは良くわからないが、見上げるほどのけっこうな高さはあった。しかしまだ、若いほうの樹だと思う。大木とか大樹とか言えるような雰囲気は備えていない。たぶん、生えてから数日、といったところだろう。とりあえず数日でこの大きさまで成長していることには驚いても良いかもしれない。
 幹のアリスの胸くらいの高さのところには、赤く輝く瘤《こぶ》のようなもの――『眼』が、ぎらりと光っていた。そして、その『樹』を、『眼』を守るように、獣が三匹根元にいて、赤く輝く眼差しをアリスに向けていた。
 グルルルル、と獣が喉を鳴らした。四つ足で狼《オオカミ》のような外見をしている。血のような赤い目、闇に染まったかのような黒ずんだ体毛。普通の狼《オオカミ》の二、三倍の大きさ。魔物とか魔獣とか呼ばれる、危険な生き物だ。邪気に侵され、巨大化・凶暴化し、生あるものに見境なく襲いかかる――。
 狼《オオカミ》を危険な魔獣に変えた『邪気』は、黒い樹から発せられていた。それはアリスをも魔の仲間に引き入れようと発せられているに違いなかった。おそらく普通の人間なら、この近さで樹から発せられる邪気を浴びたら、まず、気分が悪くなって倒れてしまうだろう。最悪、その場で『魔物』化してしまうかもしれない。
 しかし、アリスは平気だった。邪気を受け付けない体質だからだろうか。それでも多少は息苦しさを覚えたり、頭が痛くなったりもするのだが、今日はそんなことも無く、まったく普通に立っていられた。もしかしたら、エンリッジに貰った『お守り石』のお蔭かも知れない。――本当に効果あるんだ、と、アリスは少し感心した。
 南の「暗黒樹海」が「魔の巣窟」と言われているのは、このような邪気を発する樹々の所為《せい》だった。一昔前までの南の大森林は、それは美しい森林で、春には白や黄やピンクの花が咲き乱れ、夏には濃い緑の葉が涼しげな影を落とし、秋には暖かそうな色の紅葉が見られたものだった。しかし、いつしか森の樹々は暗黒に染まり、樹海の外にまでその勢力を伸ばそうとしていた。
 そして、時々、このような『樹』が、こうやってこのあたりの平原にまで生えてきてしまうのだ。暗黒樹海からこんなに遠く離れた地にまで。一体どういう仕組みなのか。風によって種子が運ばれてきているのだろうか。それとも……。
 とにかく、こんなのが首都の近くにまでぼこぼこ生えてきてもらっては困る。だから見つけ次第、アリスはそれを破壊することにしている。それが自分の使命なのだとアリスは思っている。邪気にあてられても平気な、自分にしかできないことなのだ。

 *

 三匹の狼《オオカミ》のうちの一匹が、地を蹴ってアリスに飛び掛ってきた。大きく開《ひら》かれた口。ぎらぎらと赤く輝く双眸《そうぼう》。口からは尖《とが》った牙が覗く。
 アリスは少し身をかがめてから、狼《オオカミ》と同じように地を蹴って跳躍した。両者の距離は一気に縮まり、狼《オオカミ》の巨体が一瞬にして目の前に迫る。
「やあああっ!」
 アリスは気合の声を発すると、右足を思い切り蹴り上げた。右の靴底は正確に狼《オオカミ》の鼻づらをとらえた。狼《オオカミ》は高く鳴いて、鼻からどす黒い血を飛ばしながら吹っ飛んだ。そして地面に叩きつけられ、動かなくなった。
 残った二匹の狼《オオカミ》も次々とアリスに襲い掛かってきた。アリスは狼《オオカミ》よりも素早く動いてその攻撃をかわし、隙を見てこちらの蹴りを正確に叩き込んでやった。やがて、二匹の狼《オオカミ》も最初の一匹と同じように地面に叩きつけられ、動かなくなった。
「ふう」
 アリスは小さく息をついた。疲労は全く感じなかった。むしろ、適度に身体を動かして気持ちが良いくらいだった。
 アリスは武器も防具も身につけていなかった。身体をできるだけ軽くして、相手より素早く動き、敵の攻撃をかいくぐって、こちらの必殺の蹴りを叩き込む。それがアリスの戦い方だった。
「おつかれー」
 背後からのん気な声が聞こえてきた。
「相変わらず強ぇえなあ、お前。ホントに俺の出番なかったな」
 エンリッジは所在無さげに、右手の銃を人差し指にはめてくるくると回していた。
「ざっとこんなもんです」
 アリスは得意げな笑みを浮かべた。
「っていうか、ひとりでカタつけられて良かった。最初からつける気でしたけど」
「まーたお前はそう言って無茶すっから……」
「だって、後方からエンリッジさんに変な銃でも撃たれちゃあ、勝てる戦いだって勝てなくなっちゃいますよ」
「…………」
 エンリッジは無言でアリスの後頭部を殴った。いたっ、と叫んでアリスは殴られた頭を抑える。
「ひどっ、エンリッジさん。本当のこと言っただけなのに」
「いーからさっさとやっつけて来いって、最後の仕上げ」
「はあーい」
 アリスはその場でアキレス腱を交互に伸ばす運動をしてから、軽く数回ジャンプして、『樹』目指して駆け出した。正確には、樹の赤い瘤《こぶ》、『眼』を目指して。この『眼』が樹の唯一の弱点だった。これを破壊すれば、樹は姿を保てなくなる。
 アリスは走って幹の近くまで辿り着くと、そのまま速度を落とさずに、地面を踏み切って思い切りジャンプした。引いた右足に力を込めて、それを一気に振り上げ――
「?!」
 そのとき、アリスは背後で何か違和感を感じた。振り返って確認しようとすると、
「やれ! アリス!」
 エンリッジがすぐ近くで叫んだ。アリスはその声に後押しされるように、右足を一気に振り抜き、『眼』を蹴り壊した。赤い瘤《こぶ》は粉々に砕け散り、赤い破片を周囲にばらまいた。
 アリスは地面に下り立って振り返った。そこには、エンリッジがうつ伏せになって倒れていた。左手で右の脇腹をおさえている。白いコートのその部分が引き裂かれ、鮮血で赤く染まっている――
「エンリッジさんっ!」

---

 ちょっと連載を意識して敢えてここで切ってみたり(笑)
 続きは近々~。多分1週間以内に。

 …きっとオチ(?)はバレバレですね。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/186-433ee0ff
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。