--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.24

[6/24] 創作語り(1)

 まさかの本日2投目です。流れに乗ってみる。

---

 小説「四精霊の伝説」 を、久しぶりに読み返し&ちょこちょこ改稿しているわけなのですが。
 ただ今、第3部「水の迷宮」あたりを読み返しているのですが、懐かしくって、なんだか色々語りたくなってきてしまいました。

 以下は、本当にネタバレだらけの、今さらながらのディープでマニアックな創作語りとなります。(主にオリキャラ語り)
 「四精霊の伝説」旧サイト の小説を、最後まで読み切っている方推奨です。
 容赦なくネタバレしますし、今だから語れるカップリング話も出てきますよー【警告】


■ はじめに

 バートとリィルとキリアとサラ。付き合い長くって、思い入れ度もMAXな四人。
 「四精霊の伝説」というストーリーの中では、彼らの微妙な「関係」を色々掘り下げて書きたかった。

 ええと。昔っから(中高生時代から)、根本に「男女間の友情」への憧れのようなものがありまして…
 しばしば、私の創作の裏テーマ(?)となっております。

 バートとリィルとキリアとサラ。男主人公がバートで、女主人公がキリアだと思っているのですが、大昔――旧「四伝」や「Personal Quest」時代から、バートとキリアは絶対にくっつかないだろうし、お互い、恋愛感情も抱かないだろうという決意でやってました。
 うーん、その頃読んでたライトノベルにしろ、アニメにしろ、RPGにしろ、必ず「男主人公」と「ヒロイン」が恋に落ちたりくっついたりしてたので、それに反抗(?)したかったんじゃないかなあ。…あと恋愛モノ書くの苦手だったんで。
 あ、でも、そんな妙な決意でシリーズ始めたのは、たぶん「四伝」(というより「PQ」)が初めてです。実は。ってか「四伝」以前も色々書いて(描いて)ましたからね…私。(微笑)

 バートとキリアに話を戻して。初書き「四伝」のことは、とりあえず脇に置いといて。けっこう長く書いてた「Personal Quest」シリーズについて。
 今の四伝となっては考えられませんが、バートとキリアは「義姉弟」設定でした。普通に同居してますし、ある程度心通わせ合っても、絶対にくっつかない、そんな関係。
 あれーでも何故、敢えて「義姉弟」にしちゃったんだっけ。単にキリアさんをリンツのバートの家に住まわせてルビアン三姉弟(&時々サラ王女)とドタバタものやりたかったんだっけ…。つうか、単にバートたちピアン組と絡める「繋がり」を持たせたかっただけかも。

 「PQ」では、最終的に、バートとサラはくっつけるつもりでした。めっちゃ王道ですが…。この2人がそれぞれ別の誰かとくっつくなんて考えられなかった。でもヒロイン(?)はサラではなくキリアだと思ってました。サラはバート専用ヒロイン?(笑)
 ではリィルとキリアは、というと…。
 「PQ」では実は、リィルがキリアさん以外の女性にマジ惚れしちゃってます(うわあ。) でも悲恋に終わる可能性のほうが高かった…?
 キリアさんは相変わらずリィルの兄ちゃんに惚れられてましたし…。
 矢印書くと、サラ→バート リィル→某Aさん フィル→キリア、な感じ。
 で、バートとリィルとキリアとサラはカルテットで仲良し。リィルとサラは片恋コイバナで盛り上がれる。と、そんな関係。
 あっ、リィルとキリアはもちろん、恋愛感情抜きにして仲間、コンビとして良いコンビでしたよー。DS時空の覇者のポルナレフとミルフィー、PSP零の軌跡のランディとティオみたいな感じ。(例えが解り辛いよ)

 RPG版「四伝」については、さくっとすっ飛ばして…
 今の小説「四伝」について。…PQに出演してた某Aさんの存在は揉み消されました(笑) そして当然の如くバートとキリアの義姉弟設定もリセットされたわけですが。
 当然、PQ時代には考えられなかった四人の「関係」がちらほら見え隠れしたりしなかったりで、私としては非常に楽しく書くことができました♪ …まあ、本編では多くは語りませんでしたが。
 でも皆さまに色々深読みして楽しんでいただけたようで、本望でございます。

 そういう深読み的な意味での反響が一番あったのは、何といっても第2部最終話の「攻防」(4)ラストシーンでしょう。
 キリアさんの「別に」(笑)
 このシーンについては、敢えて解説は書きませんっ(今は)。書いちゃうと色々台無しになりそうなので…。

 (たぶん続き…ます。続けたいです)
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/212-0711cdc2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。