--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.26

[6/26] 創作語り(2)

 第1弾の続きです。
 創作ネタバレ&オリキャラカップリング語りが入ってますので、苦手な方はスルーで…。


■ リィルとサラについて、ちょこっと。

 前回、バートとキリアさんの関係(?)について、ちょこっと語りましたが、
 ナイスタイミングでメッセージをいただいてしまいましたので、リィルとサラの関係についても、ざっと(総論を)語らせていただこうかと思います(勝手に)。各論については、今後書く予定の「各話あとがき」で語っていければ良いな、と。
 リィルとサラは。一言で言ってしまえば仲良しです(笑) PQ時代から。
 そういやPQ時代から一貫して、サラはリィルのことを「ちゃん付け」で呼んでるのですが、そう呼べるサラも、それを受け入れちゃうリィルも、相当仲良い関係でないと できないですよね…?(疑問形?)
 でもリィルとサラに関しては、対等な仲良しじゃなくて、ちょっと主従入ってる仲良しというか…。これも、不思議な関係なんです。サラはけっこう姫様扱いされるの嫌がってるはずなので。
 でもサラは表面的な形式じゃなくて、その奥にある「気持ち」の部分を大切にするからなあ。
 例えばキリアに「姫様」とか「王女」って呼ばれるのは、サラはたぶんすごく嫌がると思うんです。だから早めに「呼び捨てで良いわよ」と。
 でもサラは、リネッタに「姫さま」と呼ばれても、別に嫌がらないんですよね(笑)

 まあつまり、リネッタはサラのことをいわゆる「姫様扱い」はしてない、ってことなんでしょうねえ。
 リィルは…。厳密には「姫様扱い」ではないのかな? サラの嫌がることはしないだろうという意味で。

 「主従」…。これは、多分、「幻華興国記」(中華風パラレル?)を引きずってる部分があると思うんです。(これも脳内には古くからあった)
 (あ、「幻華」は、男主人公=リィル、女主人公=サラのつもりで書いてました)
 「幻華」の2人は、まさに「君主と軍師」な関係で。しかも軍師の兄が、君主を危機に追い込んじゃったりしてるので。軍師は君主に頭が上がらない(笑)
 …そういや幻華世界の「リィル」は、「キリア」と完全に出来上がってました(笑) ぶっちゃけ2人は、色々な過程をすっ飛ばして最初から「婚約」状態でしたし…。

 話を戻してー。
 キリアさんの「リィル→サラ勘違い事件」とかについては「各話あとがき」で語るとして(予定)
 気付かれた方いらっしゃるかなあ…。第4部で、一時的に、サラがリィルのことを「呼び捨て」にしてるんですよね。確か、2~3回くらい。
 あのときだけ、リィルとサラの関係に、ちょっとした「変化」があったんだと、そう思っていただければ…。むしろ具体的に、リィルが「ちゃん付けはやめて欲しい」的なことを言っちゃったのかもしれない。サラは律儀に(?)、願掛けの意味も込めて(多分)、リィルが目覚めるまでは「リィル」と呼び捨てにしてます。
 リィルが目覚めて以降は、普通に「ちゃん付け」に戻っちゃってますが(笑)

 総論としましては、2人はそういう関係なのです。我ながら解り辛いですね。(主に私の書く文章が)
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/213-30683dc6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。