--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.15

[9/15] 創作語り(4)

 どーもインプットとアウトプットを同時並行で出来ない私のようです、こんばんは。(挨拶)
 そうは言っても、ぼちぼち創作脳に戻らなくてはね…
 というわけで、リハビリ的に記事を投稿します。小説四伝の あとがき集(再録)です。
 あと、創作小説ページ もこっそり更新しました。


■ 「旅の始まり」編

【1】 キリアさんがようやく初登場の巻です。何ですかこの潔いまでの短さは(笑) 大昔の原稿をそのまま持ってきたものと思われますが、当時はたぶんキリアさん主人公で書いていたので、当然、あのあとも何かしらダラダラ書く気だったんだと思われます。
 でもまあ、たまには…「あれ?」って感じで、こんな風にぷっつり切れてしまっても良いんじゃないかと。(えー)

【2】 「SHINING OASIS《シャイニング・オアシス》」&バートの母(ユーリア)初登場の巻。SHINING OASIS…ってのもいい加減古いのですが、なんか改名できないのでした(笑) けっこうかっちりと規模を決めてしまったのは初めてかもです。(その割には国家や首都の…ごにょごにょ) あ。TRPGに出てくる宿舎はもっと大きい規模ですよ。あそこは収容人数多いです。
 そしてバートとリィルとキリアさんが初対面。偶然、の出会いではないです。キリアさん色々調べてたので、必然的にシャイニングオアシスに向かった、ってことになってます。RPG版だと確か、出会いは偶然(?)って感じで話が進んでいたと思いますが、小説版(ってかこっちが元ネタ)だと、出会うべくして出会ってるんですよね、子世代は。(親世代らの出会いは…偶然、かなあ)
 リィルが最初、キリアさんに敬語使ってる(笑) 場所変えた途端タメ口ききはじめてますが。

【3】 王女逃げ出すの巻。塀 → 屋根 → 二階のベランダ → 侵入、っての、私実際やったことあります。運動神経悪いくせに、必要に迫られてです…。無事自宅侵入(自宅ですよ、もちろん)に成功したときは嬉しくてひとりで祝杯上げました。
 そういえば真夜中にバートとサラで逃げ出す、ってシチュエーション、「幻華興国記」っていう似非中華ファンタジーにもあったなあ、と思い出しつつ。(執筆中に思い出さなかったのが不思議)
 …唐突に出てきたサラ曰くの「暗殺者」。この存在を頭っから信じて動いてくれるバート君はある意味主人公としては合格です(笑)

【4】 そして二人旅の巻。初っ端から二人旅だなんてそんな…私的には大いにダメ出したいところなのですが、なんでこんなことに…しくしく。というわけで、四人は あっさり合流することになります(笑)
 こうして「ひとつめの旅」が幕を開けるのでした。「四伝」は、ひとつの旅では完結しない物語なのです。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/218-cfa1d61b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。