--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.22

[9/22] 幻華興国記

Category: etc   Tags:創作×三国志
 『真・三國無双6 Empires(エンパイアーズ)』でライセンスが後輩・先輩芸人を倒しまくった、体験版の配信も発表に
 http://www.famitsu.com/news/201209/22021663.html
 ↑をユーストライブで見てた私です。こんばんは。良い時代になったなあ…



 ところで 6Emp のキャラクリ部分が体験版として配信されるそうですね。
 やばい…。オリキャラ作りたい…。
 せっかく似非中華風ファンタジー系のオリキャラ持ってるんだし。

 …というわけで、大昔の創作「幻華興国記」について色々思い出していたら…気がついたら「まとめページ」が出来上がっていました(笑)
 http://xyz.tudura.com/sosaku/

 もちろん徐庶も楽しみっす。徐庶ー。
 ツイッターのまとめページをこっそり公開。 https://yukar.in/note/ckFk6b


---

「三分以内に、」李翠《リスイ》は目を閉じたまま言う。
「あいつの『陣』を読んで弱点をつく。そうすればさらに有利な戦いができる」
「自信満々じゃねーか、李翠」
 悠都《ユウト》が嬉しそうに言った。
「それは、こちらの『陣』が崩されなければ、ということだろう」と史翔蓮《シショウレン》。
「まあ、そういうことです」
 李翠は蓮を見上げて微笑んだ。
「でも、信じてますから。三人の力と……自分の、力を」
「そうか」
 蓮も微笑み返して、細身の剣を抜き放ち、構えた。
「私はここで李翠君をサポートする」
 琉蘭《リュウラン》が言った。
「さすがに無防備な李翠君を狙われたら終わりだからね。『陣』無しであいつに勝てるとは思わない。悠都君と蓮は攻撃して」
「わかった」
 蓮はうなずく。大きく息を吸い込んで、悠都に鋭い言葉を投げかける。
「いくぞ、悠都君!」
「はいっ!」
 悠都も自分の剣を抜き放った。二人はそれぞれの剣を握りしめて走り出した。
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/221-1f89ba99
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。