--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005
12.25

三国志10語り<8>

Category: 光栄SLG
 三国志別館に、今までの三国志10語り記事のバックナンバーをまとめました。
 http://quest.sub.jp/3goku/
 三国志別館のサイト名も「counterfeit」と改めました。ええ、某検索サイトに登録するためにサイト名をちょっとひねり出してみました。

 さて、襄陽太守となった徐庶さんは、とある野望を夢見つつ…

<新野攻防編>

 一刻も早く都督(関羽)から与えられた「任務」を達成し、新野への異動を認めてもらいましょう。そして兵器開発三昧を…!と、せっせと部下に指示を与えつつ、自らも農業・見回り・改修の忙しい日々を送る襄陽太守・徐庶さん。待ってて下さい馬良さん@新野太守…と、日々内政に励んでいると、
 伝令「我が軍の新野が曹操軍の襲撃を受けております!」
 なにぃー。早いよ曹操軍来るの…。あ、そうか、こないだの新野取りの戦い、総大将の惇兄落としただけで勝っちゃったから、残りの曹操軍ってまだまだ無傷で元気だったんですね。とにかく何としても新野は防衛せねば。と徐庶さん、部下達の内政任務を即刻中止し、4万の軍勢を率いて馬良を助けに新野へ駆けつけます。
 徐庶の援軍が到着したことにより、曹操軍7万1千VS劉備軍7万7千の戦いに(てことは、新野の兵は約3万7千しかなかった?)。弓兵で城壁の上から騎馬兵を狙ったり、火計で辺りを火の海にしてみたりして、かなり有利に戦うことができました。最終的には曹操軍7万は壊滅し、こっちの犠牲は2万7千ほど(約5万の兵士が残る)。総大将・曹操を徐庶の弓で止めをさし、戦功一位となった徐庶さん。馬良さんからお褒めの言葉をいただきました。よーしこれで、曹操軍も当分攻めてこないでしょう。…と、そこ(戦場)へやってくる伝令兵。
 伝令「徐庶様、関羽様よりお言葉を承ってまいりました」
 …びくうっ。未だ内政任務達成してないから「早くやれ」とかせっつかれるのだろうか。
 と思ってたらそうではなく、これまでの功績を認め四品官に任ずる、とのこと。妻も泣いて喜んでくれました。

 ところが、新野防衛に成功して出世もしてめでたいのに、このあたりから何だか風向きがおかしくなってきます。曹操軍の大攻勢が始まり、西方の都市が次々と曹操軍に落とされていきます。そして未だ内政任務達成してないのに再び新野にやってくる曹操軍。襄陽からの援軍も間に合わず、新野も曹操の手に落ちてしまいます。(しかも馬良が曹操に降ったって…ありえん。)
 …すみませんリセットしました。なんとか曹操軍が新野を攻める前に異動を許可してもらえないだろうか。しかし日数的にどう頑張っても内政目標値達成が間に合わない…
 何度もリセット(ロード)を繰り返し、気付いたことは、内政目標値達成していなくても、ある程度内政が充実して治安も80以上(多分)だったら、異動(というか統治都市変更)って承認されるんだ。今までの苦労は何だったんだ…。
 というわけで、ようやく徐庶さん、念願の新野太守になれました。(馬良さんと統治都市を交換したんですね)
 …あれ? 兵器製作所の姿が見当たらない。未だ都市発展度が低かったか。でもまあ、これから新野を発展させていけば良いわけで。
 伝令「大変です! 曹操軍がこの新野に攻め入って参りました!」
 なにぃー。早いよ曹操軍来るの…(二度目)。(つづく)
関連記事
トラックバックURL
http://pqjp.blog.fc2.com/tb.php/9-3e738d0b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。